三体のあらすじをわかりやすく(ネタバレなし)

おすすめ本

三体という小説のあらすじをわかりやすく紹介します(ネタバレなし)。

三体は中国の作家劉慈欣(リウ・ツーシン)の小説で、Netflixでは映像化をされています。この三体を知ったきっかけは「アメトーク」の読書芸人の回で、ティモンディの前田さんが紹介していたのがきっかけでした。前から読みたいなと思っていましたが、本の分厚さや値段の高さから躊躇っていました。

しかし、文庫化に伴い読みやすい価格帯となりましたので購入し、一気読みしました。ただ、特に全3部ある中でも1部は非常にわかりにくい部分が多いのでなかなか1回読んだだけではおもしろさが伝わないと思ったので、今回は三体のあらすしをネタバレなしでわかりやすく紹介します。

三体は、過去パートと現在パートに分かれています。過去パートは、文化大革命(史実)の時代です。文化大革命はでは知識人たちが迫害を受けました。主人公の1人である葉文潔(イェ・ウェンジエ)の父も殴り殺されます。

過去パートは文化大革命という時代に絶望した葉文潔が科学者という立場を利用して宇宙にメッセージを送り、宇宙人に人類を滅ぼしてほしいとお願いするという背景が書かれます。この宇宙人がタイトルになっている三体星人です。

三体というのは、物理学の「三体問題」から来ています。三体問題とはストーリーに照らし合わると、地球には太陽が1つなので安定して時間が流れます。夜になると日が沈み、朝になると日が昇る。季節によってその時間は若干変わるなど。三体星人の住む星は、3つの太陽があります。3つになるとお互いが干渉しあって、めちゃくちゃになります。三体星人はそのために何度も文明が滅んでいます。そんな時に地球からのメッセージを受け取り、「そんな良い星があるなら侵略しよう」となりました。

現代パートの主人公は汪淼(ワンミャオ)。この人は研究者です。有名な科学者がどんどん自殺していきます。汪淼自身の身にも「ゴーストカウントダウン」といって、常に目の前にカウントダウンタイマーが見えている状態になりました。この現象は実は三体星人が起こしていました。

現代パートの主な舞台は、「三体」と呼ばれるバーチャルゲーム内の出来事です。汪淼は三体というゲーム内で様々な世界を目にします。では、誰がこんなリアルなバーチャルゲームをつくり、何を目的にしたのでょうか。

葉文潔、汪淼、三体星人、ゲーム三体、すべてが繋がった時、人類VS三体星人、人類VS人類の幕開けが1部の三体です。

宇宙人が侵略してくる話ってもう使い古されていたと思っていましたが、ここまで壮大なスケールは今までなかったのではないでしょうか。実際に三体星人が地球に到着するのは450年後です。今生きている人たちは全然関係ありません。

実際に、三体星人と戦うのは「三体Ⅲ」。「三体Ⅱ」は戦うまでの準備期間が書かれます。三体星人は450年の間に人類が進化しないように、いろんな手を使って邪魔をしてきます。人類はいかにして三体星人を迎え撃つのでしょうか。

この小説三体の読みやすさのひとつに日本人に馴染みのない中国の人名を見開き1ページの最初に出てきた際に必ずルビをふってくれているところです。普通の小説だと1回ルビをふったら一生出てこなかったりしますが、ページの最初に必ず出てくるので非常に読みやすく、イェ・ウェンジエとかワンミャオとかすぐ覚えることができます。

ぜひ、長い小説ですがチャレンジしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました