積水ハイムがサイバー攻撃により情報漏洩

積水ハイムがサイバー攻撃を受けて情報漏洩がありました。漏洩した情報は、顧客や従業員のメールアドレスやパスワードです。53万人の情報漏洩があったようです。

積水ハイムがどこからサイバー攻撃を受けて情報漏洩してしまったのかは現在、警察が捜査中です。

では、過去に日本ではどのような情報漏洩事件があったのでしょうか。

  1. ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の個人情報流出事件(2011年): SCEが運営するゲームオンラインサービス「PlayStation Network(PSN)」で、顧客の個人情報が流出した事件。氏名、住所、クレジットカード情報などが流出し、多くのユーザーが被害を受けました。
  2. 京都大学の個人情報流出事件(2014年): 京都大学の学生情報システムがハッキングされ、約7,000人分の学生の個人情報が流出した事件。氏名、住所、電話番号などが含まれていました。
  3. 日本電気(NEC)の社内情報流出事件(2012年): NECの社員が外部のメールアドレスに社内の情報を送信してしまったことが原因で、機密情報が流出した事件。
  4. 日本郵政の個人情報流出事件(2015年): 日本郵政グループのネットワークシステムがハッキングされ、郵便局のATMや貯金積立の顧客情報が流出した事件。
  5. セコムの個人情報流出事件(2016年): セコムが保有する顧客情報が、ウェブサイトの脆弱性を突いた攻撃によって流出した事件。氏名や住所、電話番号などの個人情報が含まれていました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました