横浜マリノス対アルアインはマリノスの惨敗

横浜Fマリノス対アルアインのACLの決勝は1-5という大差で横浜Fマリノスの惨敗という結果に終わりました。

昨年は浦和レッズが優勝しているので、2年連続の日本チームの優勝は夢と消えました。

横浜FマリノスのGKポープ・ウィリアムがレッドカードを受けて退場してから10人となり、そこからは厳しい戦いとなりました。

ACLの決勝はホーム&アウェー方式で初戦はホームでマリノスが2-1と勝利し、優勝に大手をかけてUAEに乗り込みましたが、返り討ちにあいました。

また、来年のACLに期待しましょう。


アジアチャンピオンズリーグ(ACL)は、アジアサッカー連盟(AFC)が主催するクラブサッカーの大会で、アジアのクラブチーム同士が競い合います。

ACLは2002年に創設され、それ以前にもアジアクラブ選手権として開催されていました。大会は予選ラウンドから始まり、グループステージを経て、ノックアウトステージに進みます。

歴史的には、日本、韓国、中国、オーストラリアのクラブが優勝を争ってきました。ACLはアジアのクラブサッカー界で最も権威ある大会の一つとされています。

そんなアジアチャンピオンズリーグACLの中で特に個人的に印象に残ったゲームを5つピックアップしました。


2012年 ACL 決勝:ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ対アル・ヒラル
– オーストラリアのクラブ、ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズが初めてACLに参戦し、決勝でアル・ヒラルを破り、驚きの優勝を果たした試合です。

2008年 ACL 決勝:ガンバ大阪対アル・アハリ – 日本のガンバ大阪がアル・アハリを破り、ACL初優勝を果たした試合。特に後半に繰り広げられた白熱した攻防が印象的です。

2011年 ACL 準々決勝:セパハン対アル・アハリ – イランのセパハンとサウジアラビアのアル・アハリの対戦は、激しい熱戦が展開された試合で、両チームの熱いバトルが印象的でした。

2013年 ACL 準決勝:広州恒大対鹿島アントラーズ – 中国の広州恒大と日本の鹿島アントラーズが激突し、広州恒大が劇的な逆転勝利を収めた試合です。

2016年 ACL 決勝:アル・アイン対ジャズィーラ – クラブ同士のUAEダービーであるこの試合は、アル・アインがジャズィーラを破り、初のACL優勝を果たした歴史的瞬間でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました