三体Ⅱのあらすじをわかりやすく紹介(ネタバレなし)

おすすめ本

三体Ⅱのあらすじをわりやすく紹介ます。ネタバレなしです。三体Ⅱの正式タイトルは「三体Ⅱ 黒暗森林」です。黒暗森林が三体Ⅱのキーワードになるのですが、後程この黒暗森林とは何なのかはお伝えします。

三体Ⅱの冒頭に三体のあらすじを紹介してくれているので、三体Ⅱからでも読み始めることができます。ただ、やっぱり三体から読むのがいいですね。

三体Ⅱは、三体星人が地球に攻めてくるまで400年ちょっとというところで、迎え撃つ人類の準備編+実際には前哨戦もあります。三体星人が地球人が準備できないようにと地球人の情報を筒抜けにすることができる「智子(ソフォン)」という11時次元の陽子を送り込みます。

この智子がある以上、人類の基礎物理学の発展は止められ、そして盗聴器の役割もする智子がいては情報はすべて三体星人に見抜かれてしまいます。そこで人類は面壁計画を立てます。面壁計画とは智子の弱点を突きます。三体星人には「言葉」「会話」がありません。すべて頭で考えたことが相手に伝わってしまうのです。人間は思っていることと口から出る言葉は違うことがあります。要は嘘をつく生物です。三体星人は嘘をつくことができません。なので、人類の頭の中までは見通せないのです。

面壁計画とは、面壁人という4人を指名をしてこの4人が三体星人への対策を頭の中で考え、ある程度のことまでは会議などで話すのですが、核となる部分は面壁人の頭の中ということになります。一方、三体星人側は人類にできた三体協会(三体星人に人類を滅ぼしてほしい組織)を使って破壁人という面壁人が考えたことを暴く人類を送り込みます。面壁人VS破壁人という対立構造で進みます。

また、人類は「冬眠」というシステムを開発しています。冬眠はそのままの意味です。何百年先に目を覚ますことができます。主人公の一人である面壁人はこの冬眠システムを使って180年後の世界で目覚めます。180年後の世界はどうなっているのかも三体Ⅱのおもしろいところです。人類はとんでもない進化を遂げています。

そして、「黒暗森林理論」がキーワードになります。この黒暗森林理論は、宇宙という真っ暗で広大な世界でもし知的生命体を見つけたら即攻撃をし、滅ぼしてしまうという理論です。例えば、富士の樹海で彷徨っているときに、人の姿を見つけたら攻撃するでしょうか。おそらく助けを求めるなどすると思います。しかし宇宙は広すぎて自分たちと別の知的生命体を発見してしまったら即攻撃してしまうということです。実際に三体星人は地球という惑星を見つけ即攻撃しています。

この黒暗森林理論を使って人類はどのような攻撃、防衛策を施すのでしょうか。三体Ⅱは上下巻に分かれボリュームもスケールもアップしています。中国では3部作の中でこの三体Ⅱが一番人気だそうです。是非、手に取ってみてください。

三体2 黒暗森林 上 (ハヤカワ文庫SF) [ 劉 慈欣 ]

コメント

タイトルとURLをコピーしました