SZAのフジロック出演がキャンセル その理由は?

SZAのフジロック出演がキャンセルにならりました。SZAはフジロック2024の初日ヘッドライナーを務める予定でした。

SZAがフジロックの出演を突然キャンセルした理由は、「アーティストの都合」ということでした。急に日本に行くことが嫌になったのでしょうか。

ちなみにSZAは「シザ」と読みます。

SZAは、本名をSolána Imani Roweといいます。彼女はアメリカのR&Bシンガーソングライターで、ニュージャージー州出身です。

彼女の音楽は、ジャズ、R&B、ヒップホップなどの要素を組み合わせた独自のサウンドで知られています。

2012年にEP「See.SZA.Run」でデビューし、その後、2017年にアルバム「Ctrl」をリリースしました。Ctrlは批評家から高い評価を受け、多くの賞を受賞しました。

SZAは独特の歌声と、リリックに込められた率直な感情で知られています。

ChatGPT

SZAの代表的な曲は以下の通りです:

  1. “Love Galore” – コントロールアルバムからのシングルで、トラヴィス・スコットとのコラボレーションです。
  2. “The Weekend” – コントロールアルバムからのヒットシングルで、不倫をテーマにした曲です。
  3. “Broken Clocks” – コントロールアルバムからの人気曲で、自己探求と成長に焦点を当てた歌詞が特徴です。
  4. “Garden (Say It Like Dat)” – コントロールアルバムに収録されている、愛と自己価値についての曲です。
  5. “Drew Barrymore” – コントロールアルバムからのシングルで、SZAの不安や自己意識について歌った曲です。

また、今回SZAがキャンセルしたフジロックとは、日本の長野県にある苗場スキー場で毎年夏に開催される日本最大級の野外音楽フェスティバルです。

フジロックは1997年に始まり、主催者はサイエントリック・カンパニーと呼ばれる企業です。初期の頃から多くの国内外のアーティストが出演し、ロック、エレクトロニカ、ヒップホップ、ジャズ、レゲエなど様々なジャンルの音楽を楽しむことができます。

フジロックはその幅広い音楽ジャンルだけでなく、美しい自然環境とクリーンな環境意識でも知られています。

フジロックの中でも最も困難な時期はコロナ禍での対応でした。

例えば、2020年には通常のフェスティバルをキャンセルし、代わりに「フジロック・エンジェルス」と呼ばれる特別なオンラインプログラムを開催しました。

このプログラムでは、過去のフジロックのライブ映像やオリジナルコンテンツが提供され、ファンが自宅から安全に楽しむことができました。

また、2021年には、フェスティバルが開催されましたが、感染症対策のためにさまざまな措置が取られました。例えば、入場者数が制限され、ソーシャルディスタンスが確保されたり、マスクの着用が義務付けられたりしました。

会場内では手洗いステーションが設置され、定期的な清掃が行われました。さらに、健康状態のスクリーニングや体温チェックなどの健康管理措置も実施されました。

やっと通常通りにフジロックを楽しむことができるようになったのに今回のSZAの出演キャンセルは残念ですね。他のアーティストさんに期待しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました