iPhoneがマイナンバー機能を搭載

iPhoneがマイナンバーカード機能を搭載させた新機種が出るようです。iPhoneだけではなく、Androidスマホでもマイナンバー機能を搭載するということで益々スマホの役割が大きくなってきました。

もはや「財布を失くした」というよりも「スマホを失くした」の方が大事になりますね。iPhoneにマイナンバー機能が搭載されるとどのようなことができるようになるのでしょうか。

1. 本人確認

利用例

  • 身分証明書として使用:運転免許証やパスポートと同様に、公的な身分証明書として使用できます。
  • 銀行口座開設:銀行や証券会社での口座開設時の本人確認書類として使用。

2. 行政サービスの利用

利用例

  • 住民票の写しの取得:コンビニエンスストアで住民票の写しや印鑑登録証明書を取得できます。
  • マイナポータルの利用:インターネットを通じて、自身の行政情報(例えば、税情報や社会保険情報)を確認・管理できます。
  • 確定申告:e-Taxを利用して、インターネット上で確定申告を行う際に使用。
  • 健康保険証としての利用:医療機関での保険証として利用可能(2021年10月より順次対応)。

3. 民間サービスの利用

利用例

  • オンラインバンキング:銀行のオンラインバンキングでの本人確認。
  • クレジットカードの申し込み:クレジットカードの申し込み時の本人確認書類として使用。

4. 各種証明書の取得

利用例

  • 印鑑登録証明書:コンビニエンスストアなどで印鑑登録証明書を取得。
  • 所得証明書や課税証明書:自治体の窓口やコンビニで取得。

5. 公共料金の支払い

利用例

  • 電気、ガス、水道料金の支払い:コンビニエンスストアでの公共料金の支払いに使用。

6. その他の利用

利用例

  • 図書館カード:一部の自治体では、図書館の利用カードとして使用可能。
  • 交通ICカードの代わり:将来的に、交通ICカードとしての利用が計画されている場合もあります。

7. 新型コロナウイルス関連のサービス

利用例

  • 特別定額給付金の申請:新型コロナウイルス感染症対策としての給付金のオンライン申請。
  • ワクチン接種証明書の取得:ワクチン接種証明書のデジタル発行。

まとめ

マイナンバーカードは、多岐にわたるサービスで利用可能です。行政手続きの簡素化やオンラインサービスの拡充により、ますます利用範囲が広がっています。マイナンバーカードを持つことで、便利で効率的な手続きを享受することができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました