コロンブスMVの差別的表現でMrs.Green Appleピンチ

Mrs.Green Appleの新曲「コロンブス」のMVが差別的な表現があったということで批判が殺到しています。具体的にはメンバーがコロンブスなど中世ヨーロッパの人物に扮して未開発人に様々なことを教えるということで「差別的」と言われています。

過去にも不適切な表現で放映中止に追い込まれた作品が多々あります。

日本のテレビやラジオ放送において、不適切な表現やコンテンツが原因で放送中止や変更となった例はいくつかあります。以下に、特に注目すべき事例を挙げて説明します。

1. 「クレヨンしんちゃん」のエピソード

「クレヨンしんちゃん」は、その独特なユーモアと大胆な表現で人気を博しているアニメですが、いくつかのエピソードが不適切とされ放送中止になったことがあります。例えば、1992年に放送された「おケツだけ星人だゾ」というエピソードでは、主人公のしんのすけが公衆の面前でズボンを下ろし、尻を見せるシーンが描かれました。このエピソードは、一部の親や教育関係者から「子供に悪影響を与える」との批判を受け、再放送が中止されました。

2. 「めちゃ×2イケてるッ!」の差別的表現

フジテレビの人気バラエティ番組「めちゃ×2イケてるッ!」でも、差別的な表現が問題視されたことがあります。2017年の放送で、番組の一部で特定の人種を揶揄する内容が含まれており、これが視聴者や人権団体から強い非難を受けました。その結果、該当部分の放送が中止され、フジテレビは公式に謝罪する事態となりました。

3. 「ガキの使いやあらへんで!」のブラックフェイス問題

日本テレビの「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」でも、2018年の大晦日特番で問題が発生しました。この回では、出演者の浜田雅功がブラックフェイス(黒塗り)をして登場し、アメリカの俳優エディ・マーフィのキャラクターを模倣するという演出が行われました。この表現は人種差別と見なされ、国内外から多くの批判を浴びました。その結果、放送局は謝罪を余儀なくされ、問題のシーンは後日カットされました。

4. ラジオ番組「たまむすび」の不適切発言

TBSラジオの人気番組「たまむすび」でも、パーソナリティの発言が問題となり、一部の放送が中止されました。2019年、パーソナリティが放送中に性別や性的指向に関する不適切なジョークを言ったことがリスナーからの批判を招きました。TBSラジオはすぐに問題を認識し、該当回の再放送を中止し、パーソナリティは公式に謝罪しました。

5. 「ポプテピピック」の過激な内容

アニメ「ポプテピピック」はその過激で風刺的な内容で知られていますが、特定のエピソードが問題となりました。特に、あるエピソードでは、暴力的なシーンや過激な言動が多く含まれており、一部の視聴者から「子供向けアニメとしては不適切」との声が上がりました。その結果、一部のシーンが編集され、再放送ではカットされることになりました。

まとめ

日本の放送業界では、不適切な表現やコンテンツが原因で番組の放送が中止されるケースが少なくありません。これらの事例は、視聴者や人権団体からのフィードバックに敏感に対応する放送局の姿勢を示しており、社会的な責任を果たすための一環といえます。このような事態を避けるためにも、放送内容には慎重な検討が求められるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました